「アフターエフェクト」を使って、ロゴを自由に動かすアニメーションを作ることができます。 作ったアニメーションを、「Premiere Pro(プレミアプロ)」の動画に合わせることができます。 【演出2】凄い写真のスライドショーが作れる リアルver. 映画の予告ムービーを見てもわかるように、動画のクオリティアップには冒頭のオープニングムービーが欠かせません。中でも文字アニメーションによるインパクトは視聴者の心を掴みます。ここではアフターエフェクト初心者の方が0から始める文字アニメーションの作り方について解説します。 まず背景の空の青さを作ります。新規平面を作成し、レイヤー名を「bg」と付けます。 作成した平面にエフェクトの「グラデーション」を適用し、画像を参考に値を設定します。 After Effects(アフターエフェクト)でループさせる方法を紹介します。 2回ぐらいループさせるならともかく永遠にとか、範囲を決めてループさせたい そんな時ありますよね? メニューから「時間」→「タイムリマップを使用する」を押す はじめに(ae初心者あるある)aeのデフォルトでは、書き出しの時にブラックの背景も一緒に書き出されてしまいます。素材を書き出したいから背景は透過させたいと思ったのに、背景もくっついてきちゃったなど、初めての人は困ったりするのではないのでしょ アニメーションをループさせるには、『loopIn』と『loopOut』というものを使います。 loopInはループ元の部分よりも手前でループさせたい場合に、loopOutは後の場合に使います。 以下にloopIn(loopOut)の細かい書き方を示します。