回答 「ファインセーブ」はお手頃な保険料でご契約いただけるよう設計された、掛け捨ての保険です。 そのため、解約された場合でも解約払戻金はありません。 低解約返戻金型定期保険のデメリットは、ピーク前に解約すると損をすることです。 上でお伝えしたa生命の低解約返戻金型定期保険の場合、ピーク前に解約すると25%も損をしてしまうので、よほどのことがない限り途中解約しないことが重要です。 解約返戻金を少なくすることにより保険料を安くした定期保険 掛け捨て保険と呼ばれる定期保険だが、途中で解約するとわずかだが解約返戻金が支払われるケースがある。 この戻ってくる分(解約返戻金)を0にすることで保険料を安くしている。 定期保険FineSave[ファインセーブ]<無配当 解約払戻金抑制型定期保険> オリックス生命の定期保険FineSave[ファインセーブ]は、解約払戻金をなくすことで保険料をセーブし、少ない負担でより大きな安心が得られる定期保険です。 解約払戻金とは、保険契約を解約した場合などに、契約者に払い戻されるお金のことをいいます。 「ライズ」は解約払戻金があり、一生涯の死亡保障に加え、長期的な貯蓄機能も備えています。 日本最大級の調査規模【2020年 オリコン顧客満足度ランキング】調査商品12商品・実際の利用者30人に調査。ユーザーに選ばれた満足度の高い定期型生命保険商品とは?定期型生命保険商品を選ぶ前にクチコミや評判を比較しよう! オリックス生命終身保険riseは、長期間の契約で高い解約払戻金が受取れるようになっています。 そのため、先程ご紹介したように120.9%の返戻率にするには50年にも及ぶ契約期間が必要となります。 質問,生命保険,医療保険,オリックス.