ゴルフでは、同じ状況のライ、風、距離は2度と来ません。だから正確なコントロールが求められ、思い通りのところにボールを運ぶには、フェースの向きが大切になってきます。ゴルフスイングはいい感じで振れているのに、球が曲がるゴルファーは必見です! スライスに悩むアマチュアは、フェースが開いた状態でインパクトしている。レッスン界のインパクト達人である吉田一尊プロは「フェースを閉じたままテークバックするんです」と話す。インパクトでフェースが開かないバックスウィングの“特効薬”を教えてもらおう。 フェースを閉じて構えて、そのままインパクトでも閉じるような形でドローボールを打つ人もいますが、フェースを返して打つ意識だとボールが曲がり過ぎる場合は、最初からフェースを閉じておいて、その上でフェースを返さない意識で打つのも1つの方法かも知れません。 フェースを開かず、クラブを立てるようにバックスウィングを上げていきます。ジュニア時代にゴルフを始めた際に、ボールが曲がると同伴者に迷惑がかかるので、何とか曲がらないように打てないかと考えて作り上げたスウィングだと言います。 ゴルフでスライスに悩んでいる初心者はとても多いのですが、それはテークバックでシャットフェースを維持出来ていないことが原因かもしれません。そこで今回はテークバックでシャットフェースを維持することでスライスを改善する方法についてお伝えしようと思います。 ゴルフスイング|テークバックでのフェースの向きを修正しスライスを克服! 2019/01/08 ゴルフトゥデイ 編集部 自分のスイングを見返してみて、キチンとボールを捉えるテークバックになっているか、すぐにチェックしてみることをオススメします!