スライド レイアウトをプレゼンテーション内の 1 つ以上のスライドに適用し、編集に戻ってそのレイアウトにプレースホルダー、カスタムのメッセージ テキストを追加するか、他のレイアウト変更操作を完了した場合、更新されたレイアウトをスライドに反映するには、スライドにレイアウトを適用し直す必要があります。

↑編集したいものを選択し、Deleteキーを押して削除します。選択できない場合は、次のステップに移ります ここでは、削除したい文字が「タイトルとコンテンツ」レイアウトにないので選択できません。「タイトル」レイアウトを除くすべてに共通するスライドマスターに切り替えます。 手順2の[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスには、フッター欄が1つしかありません。会社名とプロジェクト名などを複数のフッターに入力するには、スライドマスターで、フッターのプレースホルダーの外枠にマウスポインターを合わせ[Ctrl]キーを押しながらドラッグしてコピーします。 パワーポイントを起動して「新規作成」する場面でも選択できますが、後から設定するには デザイン > テーマ から選択します。 デザイン編集 選んだデザインが反映されますが、 ここから 「パーツの削除」 「変形」 「色の変更」を加えて ほかの人がスライドの内容を変更できなくするには、読み取り専用のファイルにする必要があります。[書き込みパスワード]を設定し、パスワードを知っている人のみ編集できるようにしましょう。 ワードで資料を作成する際には、社名や日付などの情報を文書内に入力する機会があります。そんなときは、文書上部の余白部分「ヘッダー」と下部の余白部分「フッター」を使用すると文書に統一感が出るので便利です。今回はワード2013のバージョンにて、ワードのヘッダーとフッターの編集方法について解説していきます。 PowerPoint(パワーポイント)に用意されているデザインテンプレートの「テーマ」機能は、スライド全体の印象を左右するものです。パワーポイントのテーマに使われている色やデザインなどがスライドの内容に合わないからといってあきらめていませんか?「スライドマスター」を使うと、テンプレートのテーマを部分的に変更してオリジナルにできます。 コピーライトを表記すると著作権があることを ユーザー に明示できるので、著作権侵害を防止する一定の効果が期待できます。 Web担当者様は、一度ホーム ページ にコピーライトを表記させるかどうか検討してみるのがいいかもしれません。 スライドマスター設定はプレゼンテーション作成の始めの一歩 「スライドマスター」は一つのプレゼンテーションを統率する司令室のような役割を担っています。スライドマスターに格納された書式やデザインはスライド全体に反映され、プレゼンテーショ PowerPointでコピーライトを挿入する方法 PowerPointでコピーライトを挿入するのは簡単です。直感的に理解でき、わずか数ステップで完了することができます。パワーポイントを作る際には必須だと個人的に思っていますので、ぜひ体で覚えてしまってください。 パワーポイント(PowerPoint)の基本操作。ヘッダーとフッターの編集、挿入、異なるヘッダーの挿入方法等について詳しく解説しています。 基礎からわかる!パソコン入門・再入門ヘッダー・フッターを編集、挿入する方法. パワーポイントのヘッダー・フッターは この画面で変更できます。 日付、ページ番号、著作権、コピーライト、発表者名、 セミナー名、プレゼンタイトル名、発表相手企業名 などを入力しましょう。 ちなみに、日付とページ番号は、この 基礎からわかる!パソコン入門・再入門 / 無料パソコン教室・基礎知識・Word・Excel・PowerPoint. PowerPointのデザイン編集。背景のスタイルを変更する方法です。 テーマの色味や明るさ、グラデーション効果などを変える事ができます。 規定のスタイルから設定する [デザイン]タブをクリック。 [背景のスタイル]ボタンをクリックします。 表示される一覧から任意のパターンを選択します。 ページ番号(スライド番号)や会社名を、全ページ(全スライド)に入れるには[ヘッダーとフッター]という機能を使います!WordやExcelのヘッダーとフッターとは感覚が違うので、混乱している方にも。パワーポイント・PowerPointの技! 主にフッター(スライドの最下部)に置くのは、社名・発表者名や著作権表記など。これらの設定方法を図解 プレゼンテーションを構成する全てのスライドで同じ文字列、同じ書式のフッターを表示させる場合には「スライドマスター」で設定すれば表記やデザインの修正がラクです。