別のレイヤー上ではみ出さないように色を塗るには、クリッピングマスクを使うと便利です。クリッピングマスクとは、下のレイヤーの透明部分を保護し、その部分の描画を非表示にする機能です。 まず、下地のレイヤーの上に塗り重ね用のレイヤーを新規作成します。作成したレイヤーに対� 今回は、Photoshopでおこなえる「クリッピングマスク」「レイヤーマスク」「ベクトルマスク」の3種類のマスクの基礎的な使い方をご紹介します。 あらゆるシーンで活躍するマスクは重宝する機能ですので、ぜひ身につけてこれからの作業にお役立てください。 「選択とマスク」機能とは? photoshopCCのアップデート、 photoshopCC 2015.5が6月22日にきました! 今回はそのアップデート情報の中で、業務上で実践的な「選択とマスク」のワークスペース機能ついてご紹介したいと思います。 連載第15回目の今回は、選択範囲作成に関するお話の最終回です。「クイックマスク」「クイック選択ツール」「焦点領域」を使った選択範囲の作成方法についてお話させていただきたいと思います。 まずお伝えしたいのは、今までお話してきた「色域指定」「パス」「画像マスク」という3 Photoshopで模型写真や建築パース作成する手順というのは、ものすごく省略すれば 切り抜いて 貼り付けて なじませる の3ステップです。 「選択範囲」機能や「マスク」機能はこの第1STEPに当たる機能ですから、建築学科生がPhotoshopを扱う上では基本技法中の基本技法といえます。 Photoshopのマスクの色々な作り方・使い方をまとめてみました。「レイヤーマスク」、「クリッピングマスク」などの基本的なところから、「透明ピクセルをロック」や「クイックマスク」など、とにかくPhotoshopのマスキングに関するものを集めました。