また印刷枚数では1万枚が、プリンターの寿命と言われます。1万枚を超えるとヘッドが消耗して、しっかりとした印刷ができなくなることが多いようです。もちろんプリンターの使用頻度やメンテナンス、印刷物の内容などによって寿命の枚数は左右されます。 最安価格(税込):価格情報の登録がありません 価格.com売れ筋ランキング:-位 満足度レビュー:4.28(98人) クチコミ:1451件 (※5月31日時点) この枚数は3~5年で印刷される量と想定されていますが、短期間にこの量を印刷してしまえば、当然寿命は短くなるわけです。 また、ヘッドの不具合はインクの目詰まりの原因にもなります。 Total Page Count:⇒プリンターが今まで印刷した枚数です ***Average Coverage:印刷面積です。よく、テスト印刷が5%という、アレです。文書ばかりなら5%前後です。 **Drum Unit⇒ドラムユニットの残り印刷可能枚数です。交換時は12000になります(DR-23Jの場合) インクジェットプリンターの寿命. 一般家庭で使用する普通のインクジェットプリンターなどは耐用年数5年程度、印刷枚数は20,000枚程度で壊れることが多く感じます。 ですが、印刷すればするほどに寿命が早くなる、とはいうものの、家庭用のインクジェットプリンターや複合機でも、総印刷枚数は2万ページ程度で、業務用のレーザー複合機(プリンター)などでも数10万ページ以上はあると言われています。 一般的なプリンターのドラムは、数千~数万ページ印刷するとこうした表面の摩耗が起こり、交換が必要となります。 対して耐久性に優れた素材であるアモルファスシリコンを使ったドラムは、30万ページという驚異的な寿命を誇ります。