単純にホームページを公開したいのであれば、 Windows Web Server 2008 R2 がおすすめです。これらのサーバーソフトを導入しておけば、後々ホームページが大きくなって、管理、制作ソフトを導入する時も多数のメリットがあります。 ホームページを自作する際に必要なサーバとは?おすすめサーバーは?サーバーの設定方法が、ワードプレスのインストールまで含めて、必要なことを全てまとめました。初心者向けとなっています! 自分でホームページ作成したい向けに、ホームページの仕組みをはじめ、レンタルサーバーやドメインの取得方法やワードプレスについて解説していきます。これからホームページを自分で作っていきたい、作り方を覚えたい初心者の方必見の内容ですのでぜひご参考ください。 レンタルサーバーの場合、ホームページ用のファイルはpublic_htmlのフォルダにアップロードするのが一般的ですが、他にもメールやアクセスログの格納フォルダ、あるいはcgiやperl用のスクリプトフォルダなどがあり、無料ホームページよりは複雑になっています。 → あなたの家の住所(ホームページアドレスつまりURL)を全世界に公開すること。 条件2: apache(アパッチ)などのサーバーソフトがインストールされ、起動中である。 → あなたが「いつでもかかって来~い! 普段使っている自分のパソコンをウェブサーバにしてしまいましょう。すると、cgiやssiの動作を確認するためにわざわざサーバにファイルをアップロードする必要はなくなります。その他メリットはたくさんです。 これからホームページを作りたいと思うなら、そのデータを保管するためのサーバーが必要不可欠! インターネットとサーバーは切っても切り離せない関係性なのです。 ホームページの作成方法によってはレンタルサーバーは不要?