ラグビーは試合終了時をノーサイドと言います。ノーサイド精神は日本独特のラグビー文化です。試合終了のホイッスルとともに両者のサイドはなくなり、敵味方もなくなるという意味です。昨日の敵は今日の友と同じ意味合いです。 フランスラグビーフットボール協会より、以下に関するルーリングの要請があった: ルーリング要請の内容: 第5条 試合時間 競技規則5.4では、「試合時間については、試合時間に責任を追うオフィシャルに委任することができる」と規定されている。 リザーブ(控え選手)は8人 まで。 そのため出場している15人の選手とリザーブをあわせて23人がその試合に登録されることになります。 ラグビーの試合は 15人対15人 で行われます。 リザーブ(控え選手)は8人. ①試合の人数は15対15. サッカーの試合を観戦していて、審判がどのような場面でどのような笛の吹き方をするのか?と疑問に思った方も多いかと思います。今回はサッカーの審判の笛の吹き方を紹介し、ホイッスルの合図を学んでサッカー観戦をさらに楽しいものにできるように解説していきます。 ラグビーのレフリー向けのホイッスルについて紹介しています。 もしラグビーに合っていないホイッスルを使ってしまうと、選手にきちんと合図が伝わらなかったり不必要に刺激を与えてしまったりします。「ホイッスルの選び方」→「オススメのホイッスル」と言う流れで説明していきます。 ラグビーワールドカップ2019が日本で開催され,、普段あまり観ることのないラグビーの試合が連日放送されています。 そして、試合を観ていてあることに気づきました。 それは前半終了のホイッスルが吹かれると、選手たちが走りながら控室に戻っていく姿です。 試合終了のホーンが鳴り、ロスタイムの経過後、レフリーの笛を合図にノーサイド(試合終了)となります。 ラックやモールが組まれているなど、攻防が進行中の場合は、ラインアウトなどで試合が途切れた時点でノーサイドとなります。