不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効により消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。 二 不法行為の時から二十年間行使しないとき。 (1)ひとこと解説. 不法行為の被害者は、加害者に対して「事件・事故によって生じた損害を回復すること」を請求できます。 このような請求のことを、法律用語では「損害賠償請求」と呼びます。 具体的には、どのようなことを請求できるのでしょうか? 下記では、具体的なケースを交えて考えてみましょう。 不法行為の時効は 加害者を、知ったときから3年とのことですが例えばAが 事業者のBに お金を運用させるとの名目で 私からお金を 騙しとりトンズラした場合は、私は加害者が、AなのかBなのかわからず五年を、経過した場合その不法行為の時効は進行するのでしょうか? 1.不法行為による損害賠償の請求権は、 被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から 三年間行使しないときは、時効によって消滅する。 実際に被害(名誉毀損)を受け、発信者がわかっているのに 3年間の間 提訴しなければ時効が成立します 不法行為(たとえば、交通事故など)の被害者が、損害および加害者を知ったときから3年間行使しない場合か、不法行為の時から20年間行使しない場合には、消滅時効が完成します。