イワン・ツルゲーネフの『初恋』のあらすじ、感想などなど。 2016/02/18 - イワン・ツルゲーネフ 『初恋』は、ツルゲーネフの自伝的小説です。 Amazonでツルゲーネフ, 正夫, 米川の初恋 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ツルゲーネフ, 正夫, 米川作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また初恋 (岩波文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 【ホンシェルジュ】 19世紀のロシアは歴史に残る世界的な文豪を多く生み出しており、ツルゲーネフもその一人。ロシア社会の転換期ともいえる不安定な時代に生きたツルゲーネフは、社会的作品も多く残しています。そんなツルゲーネフの代表作を、彼の生涯とともにご紹介します。 ツルゲーネフ文豪ツルゲーネフ(1818-83)はロシア中部、オリョール県の地主貴族の家に生まれ、少年時代をスパスコエの領地で過ごした。父は騎兵将校で、カルタや酒色に身を持ちくずし40歳ごろには家政が傾いたので、富裕の女地主と結婚して苦境を切り抜けた。 初恋(はつこい)とは、その人にとって最初の恋の意。 英語では First Love 。 作品名 としては以下のようなものが知られる(英語で表記された作品については上記リンクを参照)。 16才の少年ウラジミールは、モスクワ郊外の別荘地で公爵令嬢ジナイーダと出会う。 一方、恋愛についても数多く取り上げており、中でも代表作の『初恋』はツルゲーネフの自伝的な作品と言われ、日本でも多くの愛読者を得ている。 『初恋』あらすじ. イワン・ツルゲーネフ作『はつ恋』のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 初恋 (岩波文庫) ※簡単なあらすじはこちら(『はつ恋』トップ) ※『はつ恋』の詳しい登場人物紹介はこちら ※目次を開くとネタバレします。