イルカが命の恩人ですと言うとおりにこの話にはまさか!と感じる部分が多いかと思います。 まず海水浴やボートなどでリゾート気分を楽しむために、海へおもむく人は多いかと思います。 お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロqを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとって大変な金額だった。 とても嬉しかった。 3年生の時、一緒にサッカークラブに入った。 宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録されている他、呼び掛けがどのような判断で行われていたかを窺わせるものとなっています。 仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 そこの大き目の駅で降り、お腹が空いていたので飲み屋に入ったんだ。 あれは何年も前、僕が年長さんの時でした。 僕は生まれた時から重度のアレルギーがあり、何回も生死の境を彷徨って来ました。 アレルギーの発作の事をアナフィラキシーショックと言うのですが、それを年長の時に体験しました。 その時の事について書きます。 母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だったらしい。 当時の医療では「1万人に1人しか助からない」と言われ、母子共に命の危険がありました。