契約書の場合、新たに紙をはったりするのは絶対だめです。 写し書きのものもだめですが。 間違った場合、間違った印鑑を上からボールペン(消えないペン)で一本線でも二本線でもいいので、 上から引い … ビジネスシーンで作成、使用することもある契約書ですが、押印後の正しい訂正方法を知っていますか?訂正印で訂正できる契約書もあれば、作り直した方が良い契約書もあります。訂正時の記載の方法や、訂正印の押し方など、契約書の基本的な訂正方法をご紹介します。 契約書には印鑑を押します。これは、「この契約書の記述内容に誤りはない」ということを、相互に確認し宣言する目的です。契印は、契約書が複数にわたっている時の印鑑の押し方で、訂正印は、記載の間違いを訂正する時の印鑑の押し方です。 総務 一般的な会社同士の契約書に自分の会社のハンコを押したつもりが、子会社のハンコを間違って押してしまいました。この場合、間違えた印の上に正しい印を押して消し、その横に正しい印を再度押すと契約書として成り立ちますでしょうか? 実印の捺印時に意外と多いのが、「押す場所の間違い」です。 契約書などに複数人の押印が必要な時、自分の場所ではなく相手の場所に押してしまったなど。 修正方法 契約書を書く上で、注意深く記入・押印をしていても、どこかで間違えてしまうこともあるかもしれません。特に、法的な書類や重要性の高い契約書だと、ものすごく焦ってしまいますよね。 ということで、契約書に実印を押し、印鑑証明書も添付することは、訴訟上重要な意味を持つのです。 更新時の情報をもとに執筆しています。 適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。 契約書の記載間違いやゴム印失敗を訂正できるのか.