大学生でも社会人でも書くことが求められるレポート。大学生ならば授業の単位のため、社会人ならば業務の中で報告や提案をするために書かされます。当然ながらレポートの書き方によってその質も大きく変わってきます。今回は、レポートの書き方についてみていきましょう。 心理学論文における数値と統計の書き方 2019年3月22日 新美亮輔(新潟大学人文学部) 目次 1 桁数を決めて書く 1.1 数値は3桁か4桁にそろえる 1.2「小数点以下〇桁」も意識する 1.3 適切な単位を選ぶ 1.4 略してよいゼロと略してはいけないゼロ 末尾のゼロ レポートを書くための基本を解説しています。学部生レベルのレポートならば、今回紹介する3つのコツを抑えるだけで90点以上の評価を簡単に得ることが出来るでしょう。 心理学基礎実験「レポートの書き方」 講義担当:佐々木康成・神庭直子 学籍番号: 名 前: 結果の書き方 「結果」では取得されたデータを他人に伝えやすく加工し、記述を行います。

心理学レポートの書き方について 大学の心理学の講義で「日常生活の考察に基づき自身のパーソナリティや対人コミュニケーションについて第三者の観点から客観的に分析を行う」というレポート課題が出ました しかし、自分の目線では自分の 心理学初級実験のレポートの書き方 このレポートの書き方は、基本的に、中級実験・ 卒業論文にも適用される。 [テキスト] 「実験とテスト=心理学の基礎:実習編」(培風館) 各自必ず購入しておくこ と。特に、「実習編の使い方」は、必ず読むこと。 心理学の実験演習における実験レポートの書き方について、基本的な事項からより論文らしいレポートに仕上げるためのヒントなどを解説。 文献の書き方① 前期試験では、教室でのテストの代わりに「レポート」の提出を求められることもあるだろう。でも、レポートってどうやって書けばいいの? 高校までに書いていた感想文とは違うの?今回は、中央大学文学部教授の都筑学先生に、「評価されるレポートの書き方」を聞いてみた!