残業や深夜残業、休日出勤といった時間外労働をする際に会社に提出する時間外申請書をシステム上で管理できる勤怠管理・業務効率化クラウド型システムminagine(ミナジン)。リアルタイムで残業の申請状況を確認することも可能。また残業の申請書をリアルタイムで承認が出来ます。 近年、長時間の残業時間やサービス残業などが問題になっています。それを防ぐことができるのが残業事前申請です。今回はその残業の事前申請についてのメリットや注意点などについてご紹介します。ぜひ残業の事前申請について知りたい方はお読みください。 残業削減効果のある勤怠管理システム。正確で便利なので注目している企業も増えています。この勤怠管理システムには無料で利用できるものもあります。今回は、無料の勤怠管理システムのメリット・デメリット、無料と有料の勤怠管理システムの違いなどについて詳しくご紹介していきます。 多くのitシステムで1か月無料お試しを謳っていますが、少しでも長く、できればずっと無料で使いたいというのが本音。本記事では、1か月無料サービスは省き、ずっと無料、あるいは2か月無料の勤怠管理システムをご紹介します。 株式会社PocketSoft では、「Web勤怠管理システム」や「iPhoneアプリの割り勘電卓」などのオリジナル商品のご提供から、お客様のご要望によりオーダーメイドシステムの受託開発を承っております。

長時間残業の抑制は働き方改革の最重要課題でもあります 過剰な長時間残業はどのようにすれば防止できるでしょうか。 まず第一に取り組まなければいけないことは残業時間の可視化です。 king of timeなら月別・週別・年別での残業時間をリアルタイムで確認できます。 クラウド型勤怠管理システムakashiの機能紹介。スムーズな承認。残業、休日出勤、休暇など、さまざまな申請承認を全てweb 上で行えます。 ペーパーレスでサクサクと業務が進み、とても効率的です。 業務においては、どうしても残業が必要な場合もあります。けれども適切に管理されていないと、様々なトラブルを引き起こしかねません。残業申請をルール化する上で、どのような問題があり、どのように対策すればいいのか見ていきましょう。 わずらわしいタイムカードの勤怠集計が楽になる、スマホアプリ対応のクラウド勤怠管理システムを一挙に紹介します。多くのシステムが、スマートフォンやタブレット端末、icカード、qrコードといった複数の打刻手段を提供しており、管理者は一括してデータを管理可能。 適正な勤怠管理をするうえで欠かせないポイントの一つが残業申請。残業時間を把握するために申請、承認というステップを踏みたいのに、書類やエクセルフォーマットの管理がうまくいかないとお悩みではありませんか? 無料のクラウド勤怠管理システムieyasuユーザー様向けの、『届出申請を利用した「残業申請」の使い方』の解説記事です。 残業しすぎていませんか? 残業の申請を導入すると、会社にメリハリが生まれるでしょう。ご検討ください! 他社の勤怠管理システムにはない、医療業界に特化した申請項目が標準搭載になっていますので、手間をかけずに申請が可能。もちろん、搭載以外の申請項目も追加で登録することができます。 特徴 4; 残業申請は上長の承認が必要! king of time の料金は、使った人数分だけ! 初期コスト不要で簡単に導入できます。導入前に不安がある場合は30日間の無料体験もできます。使用したい機器によって、初期導入金額も変わるので、詳しくはオンライン見積をご確認ください。 残業を申請制にすると、申請なしの残業は残業時間に加算されず、所定時間として設定した終了刻限が退社時間となります。 ... 勤怠管理システム『タッチオンタイム』のお問い合わせはこちら ... 30日間無料 …