おつかれさまです。ヤマヒナです。私の家では、私が小さい頃から動物を飼っていて、今でも保護犬を1匹引き取って一緒に過ごしています。野良猫の赤ちゃんを飼い主が見つかるまで世話をしたこともあります。だから自治体が目指す犬猫の「殺処分ゼロ」に思うこ 広島県は、かつて犬猫殺処分数がワースト1位でした。 しかし ピースワンコ・ジャパンが犬たちの全頭引き取りをはじめた2016年4月以降「殺処分ゼロ」を2020年現在も続けています。 里親さんに譲渡できた犬は2,000頭を超えました。 すぐに殺処分せず、保護した犬や猫はホームページ上で情報公開し、 新たな里親を探すなど、できる限り生かすための最善は尽くしています。 また、地域ボランティア団体の協力もあって、殺処分ゼロを達成した自治体も増えています。

当会は主に殺処分寸前の犬をセンターから保護していますので一般の方からの引き取りはしていません. 動物の殺処分ゼロを目指して活動する非営利団体【アニマルレスキューMiki Japan】 動物愛護団体は「殺処分の実態が隠れてしまう」と県の姿勢を批判する。(鈴木学) 3区分で 県が二十六日に公表した資料のタイトルは「本県における犬及び猫の殺処分ゼロの達成について」。 殺処分ゼロをスローガンに掲げる自治体が増え、動物愛護団体やボランティアなどの活動により、最近では殺処分ゼロを達成している自治体もあります。その一方で、行き場のない犬猫を引き取った動物愛護団体や愛護センターが窮地に陥っているという現実があります。 犬猫殺処分数ゼロ活動の財源を支えているのは、寄付制度(サポート隊員)です。 これらの活動を広げるために、ともに社会を変える仲間になって人と犬に関わる社会問題を解決しましょう。 私たち一人ひとりの行動で 犬猫殺処分をゼロにできる。 犬猫殺処分「ゼロ」は見せかけ? 独自基準「譲渡不適」など除外 愛護団体「実態隠れる」県の姿勢批判(東京新聞) 県が、二〇一九年度に県内で殺処分された犬猫は「ゼロ」だったと発表した。担当課は「地道な啓発活動の効果が出た」と胸を張る… 動物の殺処分ゼロを目指して活動する非営利団体【アニマルレスキューMiki Japan】 岩手県内のペットショップ(ペット関連業者)は全78店舗。一方で年間1,089匹の犬や猫がガス室で殺処分されています。動物たちを救うためにもペットショップではなく保健所から譲渡することをおすすめ … これは、1日あたり200頭以上の命が、処分されていたという計算になります。 2016年、殺処分の現状を知ったSEKAI NO OWARIは、いろんな人にお話を聞かせて頂き、疑問に思ったことを質問し、日本における殺処分の現状を「知る」機会に出会いました。 保護団体で譲渡が進まなければ、新たに犬猫を保護することができなくなる。そのことは、自治体での殺処分の増加につながる。 2000 年代半ばには毎年度、犬猫あわせて 30 万匹以上が全国の自治体で殺処分 … 昔は誰でも何処でも「殺処分ゼロを目指します!」と言ってた気がする。今は、かなりその言葉の呪縛は解けてきた。特にアンテナを張って、先進的な情報を踏まえながら活動しているボランティアや愛護団体ほど、その「言葉」が持つデメリットや重荷を理解して、避けているように思う。 非営利な民間の動物愛護団体です。 過剰繁殖で殺処分されようとしている日本各地のノラ猫の不妊手術や、わずか3年で2匹の猫が100匹近く増えてしまい崩壊した家庭の救済活動など、小さな命を救う活動を行ってきました。 環境省の統計によると、2014年度は約12万匹を超える犬や猫が殺処分されており、未だに犬猫の殺処分は各自治体の課題となっているのが現状です。そんな状況の中で「殺処分ゼロ」を目標に掲げた神奈川県は、2014年度に犬猫ともに殺処分ゼロを達成した神奈川県についてまとめてみました。 当会は主に殺処分寸前の犬をセンターから保護していますので一般の方からの引き取りはしていません. 犬猫殺処分「ゼロ」は見せかけ? 独自基準「譲渡不適」など除外 愛護団体「実態隠れる」県の姿勢批判(東京新聞) 県が、二〇一九年度に県内で殺処分された犬猫は「ゼロ」だったと発表した。担当課は「地道な啓発活動の効果が出た」と胸を張る…