炊飯器の保温温度は、約60℃~約74℃に設定されています。 メーカーやお使いの機種によっても異なりますが、概ねこの程度の温度に設定されていると思ってください。 <炊飯器の場合> 炊飯器の内がまに4の肉と70℃のお湯を入れて保温スイッチを押します。 保温鍋の場合> 保温鍋の内鍋に熱湯を沸かし、4の肉を入れて再沸騰後2分加熱したら保温容器に入れます。 炊飯器の保温温度. 圧力釜(沸騰温度120度cくらい) 以外では 水の沸騰温度は100度cです 一般の地上=1気圧(昔1013mb)にてですが 高い山の山頂などでは 気圧が低いので 100度c以下で沸騰しますので普通には炊き上がりません。 ちなみに炊飯器には 普通蒸らし機能はついています )の新連載。第1回目は「おいしいご飯の炊き方 … 「新米と古米では炊くときの水加減を変える」「土鍋で炊くご飯は、炊飯器で炊くご飯よりも美味しい」。これら炊飯にまつわるジョーシキは、現在では科学的には正しくないといいます。 noteで大人気の料理家、樋口直哉さん(TravelingFoodLab. 基本的な炊き方から、炊飯器・鍋・土鍋別の炊き方まで紹介しますので、手順をみていただければ、失敗なく、おいしくご飯が炊けます!ご飯をおいしく炊くコツ10選や、お米を炊くときの疑問にもお答え … 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。 しかし、炊飯器のヒータは単独だと、パワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができない仕様です。 図2-3 早い沸騰炊飯加熱過程 図2-4 沸騰遅れ炊飯加熱過程 4.沸騰時間は炊き始めから何分かかりますか 釜内部温度は六点式熱電対温度計で測定しました。写真はそのときのコシヒカリの組織です。 沸騰時間は炊き始めてから6分 沸騰時間は19分