親族紹介の順番(流れ)と方法、挨拶の例文をご紹介! 結婚式の親族紹介では、まず司会者が「これから親族紹介を始めます」と口火を切ります。司会は結婚式場のスタッフが行うこともありますが、誰もいないようであれは新郎側の代表者が行います。 親族紹介の後は?? 親族紹介が終わったら、司会者もしくは代表者が結びの言葉を述べ、歓談の時間となります。 挙式開始まで歓談とするのか、それとも親族集合写真を撮影するのか、その後の流れを両家や式場と打ち合わせておきましょう。 親族紹介は誰が司会をやってどのように進むのか? 媒酌人がいる場合は、まず最初に媒酌人の方が挨拶を行います。その後、新郎の父か新郎自身が親族紹介を始めます。その後、新婦側へ移り、新郎のときと同じように新婦の父かもしくは、新婦自身が親族紹介を行います。 ポイント. 「結婚披露宴の司会」のページ。結婚式の披露宴で司会をする際の、役割や披露宴の流れ(披露宴司会台本・披露宴司会進行)原稿の例文、挨拶文例を紹介。結婚式披露宴や二次会を計画する場合の司会のポイントや役割、マナーについても説明します。 父親不� 親族紹介を行う際には、誰が取り仕切るのかを決めておきましょう。一般的には、媒酌人がいる場合には、媒酌人がまず挨拶し、その後、親族紹介の司会進行をつとめます。媒酌人がいない場合には、両家の父親がそれぞれの親族を紹介していきます。