枢軸国について ドイツ軍は、よく訓練され、優秀な戦車を最前線に送り、決して多くない兵力で連合国と戦ってきました。 これについては、もう説明不要です。 文句なく第1位です。

1939年(昭和14年)9月1日から1945年(昭和20年)9月2日にかけて日・独・伊などの枢軸国と、英・仏・米・ソ・中などの連合国によって行われた戦争で、人類史上二度目の世界大戦。 WW2とも呼ばれる。 主にヨーロッパ・アジア・アフリカ・太平洋の地域に分かれる。 連合軍 アメリカ 100 イギリス 40 フランス 20 ソビエト 40 中華民国 30 枢軸国 ドイツ 30 日本 25 イタリア 20 といった感じです。 第二次世界でのアメリカ軍の犠牲者は、 対独戦 22万人 対日戦 15万人 対伊戦 2万人対 トータル 40万人 といった感じです。 1947年12月18日、オーストラリア降伏(対連合国戦終戦) これにより世界地図はもはやドイツ一強!…でもないか。 ざっくりいうと、 枢軸国 ヨーロッパ、中東、北アメリカ、オーストラリア大陸 大東亜共栄圏 アフリカ、アジア大陸 北アフリカ戦線(きたアフリカせんせん)は、第二次世界大戦において1940年9月のイタリア軍によるエジプト侵攻から、1943年5月の チュニジアの戦い (英語版) により、枢軸国軍の壊滅・ヨーロッパ本土撤退までを指す。 エジプトからモロッコまで、北アフリカ北岸で行われた。 枢軸国とは第二次世界大戦時に連合国と戦った諸国を指す言葉。 枢軸とは車の軸のことで、中心にある力という意味でドイツ、日本、 イタリアでありフィンランド、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、タイなどを指す。