できるだけ安価で3画面対応のグラボを考えています。 >upd70116さん 3個以上コネクターがあるものならほぼとありますが、対応していない物もあるのですか? 4kなどは考えておりません。 … グラボを新しくするメリット. 4k対応のグラボ(グラフィックボード)とは、4kでのゲームや映像編集の際の必須パーツ。 3Dグラフィックスなどの映像処理を担当するチップ「GPU」は、PCのCPUやマザーボードに搭載されていることがほとんどですが、4Kでの映像を処理するには力不足です。 2~3年前は4kに対応するモデルには限りがありましたが、2017年末現在では下位グレード以外のものは全て4k対応となっています。 デスクトップ用のビデオカードで4Kに対応している物を一覧表にすると以下の通りとなります。 2.1 4画面出力対応グラフィックボード; 2.2 4画面グラボで広がる表示方法; 3 【ツクモ製】4画面グラボ搭載 マルチモニター対応PC; 4 Tsukumo(ツクモ)でPCを購入するメリット. 4k解像度でのゲーミングには性能が足りませんが、全くゲームをしないという方にはこれ以上なく最適なグラボです。 唯一の弱点は、出力端子が合計で2つしかついてなく、3枚以上モニターを使っている方は選択肢から外れてしまうという点でしょうか。 おすすめの3画面対応グラフィックボード. GeForce の場合、先で GT 710から3画面対応と記述しました。 良いグラボになればなるほど性能に比例して価格も高くなり、2スロット占有型になります。2スロット占有型になれば、ほぼ3画面・4画面には対応しています。 画面に映るWebサイトの領域が小さく、閲覧するには解像度が高すぎて困る場合がある。 例えば、仮にWebサイトの画面を最大化させると、Webサイトの横幅は1000px程度が主流なので、4Kだと4分の3の部分が空白になってしまう。 以下の3つがあげられると思う。 古いpcで4kが出せる。 というか、それ目的; ハードウェアエンコードの恩恵が受けられる。 pcを新調するよりも圧倒的に安い。 2つめのハードウェアエンコードに関しては、大いに期待したい。 まっ、2560×1440の144Hzで3画面か、4096×2160の60Hzで3画面か、 どちらかが可能なGTX 980などですからね、 それに最大4画面を謳っている訳だし8K表示能力が存在するのだろうと推測します。 そうそう、28インチ4K液晶モニタの文字は小さいですよ。 2 3画面表示以上は高機能グラフィックボード(グラボ)が必要. これもファンレスグラボとしては結構有名だと思います。 この製品の欠点は3つまでの出力しか対応していないこと。さらにDisplayPortがないということです。 60FPSや4K解像度、さらにデジタル音声も転送できるという点ではDisplayPortが最も高性能です。