Linuxでメモリの使用量、ハードディスク内にあるスワップ領域の使用量を確認する場合は、freeコマンドを使用します。 Freeコマンドの使い方 Freeコマンドの書式は以下の通りです。 [crayo…

xosview や ProcMeter を使うと X 上でグラフィカルに状況を見る事ができる.

これらでメモリ-の利用状況を調べた場合, 慢性的なメモリ-不足のようにみえて, 戸惑うかも知れない. Linuxではメモリやプロセスの状態を確認するさまざまな方法があります。 ここではLinuxでメモリの使用状況を確認する方法を中心に、以下の内容で解説していきます。 メモリの使用状況が表示されました! メモリとスワップ領域のサイズがそれぞれ表示されていますね! この記事に出てくる、メモリに関する指標値の説明です。 psコマンド VSZ : プロセスが確保している仮想メモリサイズ; RSS: プロセスが確保している物理メモリサイズ; freeコマンド

メモリの利用状況を調べる方法は, free, top, ps, vmstat, /proc/meminfo 等がある. 「Linux」のメモリ状況・メモリ使用量を確認できる「free」コマンド「top」コマンドの使い方を紹介します。「Linux」のメモリ使用量・容量(サイズ)の確認に便利な「free」「top」コマンドの使い方をマスターして快適なLinuxライフを送りましょう。 なぜなら、linuxでメモリ容量を確認するfreeコマンドで取得できるバッファ&キャッシュ領域には、スワップする領域も含まれており、単純に「メモリ利用容量=メモリ全体 - free - Buffer&Cache」としてしまうと、メモリ利用容量を過小評価してしまうためです。 1-2.(予習)メモリに関する指標とlinuxのメモリ挙動について.