25.13. iSCSI 検出の設定 Red Hat Enterprise Linux 7 | Red Hat Customer Portal バージョンの違いにより「iSCSIの設定」は「Software iSCSI」または「ソフトウェアiSCSI」と表示され ている場合があります。 (2) 「有効」を選択し、「ポートバインドの追加」を選択します。 先ほど、追加した「iSCSI Software Adapter」の項目上で右クリックしプロパティを開く。 「動的検出」のタブを開き、追加をクリック。 iSCSIサーバーの接続IPをセットする。 画面を閉じると自動的に探し始めて、見つけたものが矢印のように こんにちは。SB C&Sで仮想化製品のプリセールスエンジニアをしている笠原です。 現在、DELL EMCのストレージ製品である「PowerVault ME4024」についての連載をしております。本記事はその連載の第3回となります。 第1回 esxi 4.0 (update 4) のデータストアとして、ネットワーク上の領域を使ったほうが、サーバーにトラブルがあった場合も仮想マシンのバックアップなどの面で便利だろうと思い、iSCSIを試してみることにしました。 1.想定する環境 手元のNAS(NetGear ReadyNasUltra2)に、iSCSIで接続… Server2のiSCSIターゲットを開き、[探索]タブの[ポータルの探索]。 Server1で設定したiSCSI用のIPアドレス(192.168.10.254)を指定する。 [ターゲット]タブに戻ると[検出されたターゲット]にServer1のIQNが表示されます。 (表示されない場合 The Red Hat Customer Portal delivers the knowledge, expertise, and guidance available through your Red Hat subscription.

iSCSI ターゲットは、iSNS サーバーに登録することで、iSCSI イニシエーターによって検出されるようになります。また、SCN に登録することもあります。こうすると、イニシエーターの追加や削除が検出され、リソースの割り当てに役立ちます